MENU

皮膚病のこと

2018.09.06
皮膚病のこと

皮膚病にスプレータイプの薬、完全に不信感を持たれてしまいました

ちょっとずつ慣らして使って下さいと言われたスプレータイプの外用薬、コルタバンス。

100均で購入したスプレータイプのボトルに水を入れてシュっとやってはおやつというスプレートレーニング?を繰り返していました。

 

ローションスプレーコルタバンス

コルタバンス

 

嫌がるかなと思いきや、意外にもあんまり気にしない!

これはいけるかも!

 

最初は実際のスプレーでシュッっとやっても全く気にしませんでした。

使える!!

と思った翌日。

 

昨日と同じようにおやつをあげながらシュッとひと吹きすると…おびえてクレートに入ってしまいました。

どんなに大好きなおやつを出しても出てきません…

 

嫌なことがあるとクレートに逃げ込みます…

嫌なことがあるとクレートに逃げ込みます…

 

ペロペロしてるのでおやつは食べたいんだと思いますが(笑)

 

何とか出てきてもスプレーを出した瞬間、おびえたようにクレートに逃げ込んでしまいます。

昨日は良かったのに…なんでー!?(涙)

 

スプレータイプの外用薬。

先生から「使ってみますか?」と言われたときは、こんなの吹きかけたら怒るんじゃないかな…

その心配ばかりでした。

 

実際に使ってみると、怒るどころかおびえてしまいます。

麦:「なんでそんなことするの…」

悲しそうな顔で私の方を見るんです。

 

麦:「なんで…」

麦:「ねぇ、なんで…」

 

おびえながらクレートに逃げ込んだり自分のベッドに移動したり。

おやつを持ってきても私の方には一切近づこうとしません。

 

麦の悲しい顔を見るとこっちもツライ…

 

先生には「危険なやり方は絶対に避けて、口輪をはめてからスプレーしてあげてください。」

と言われていました。

 

でも、一度スプレーをするために口輪をはめれば次から絶対警戒するし…

それに、嫌がる口輪をはめて押さえつけながらスプレーするのはちょっと抵抗がありました。

毎日のことだし…

 

ひどくなってきたらそんなことも言ってられないのかな。

 

麦の本気噛みがエスカレートしてからというもの、毎日ちょっとづつ色んなことに慣らして教えてを繰り返してきました。

毎日毎日。

大げさかもしれませんが、少しづつ築いてきた信頼関係。

ささいなことで壊れてしまいそうな気がしています…

 

警戒心が強く臆病な麦。

 

おしりも赤くなってはげてきてしまいました…

おしりも赤くなってはげてきてしまいました…

 

家は安心できる場所にしてあげたい。

飼い主は安心できる存在でいてあげたい。

 

なんとかいい方法はないかな…

 

散歩に行ったときにどさくさに紛れて

スプレーを見せるとものすごく警戒するので”(-“”-)”

散歩に出かけて外でクンクンやっているときにどさくさに紛れてシュッとひとふきしてみよう!

 

麦は一歩外に出ると家の中ではNGなことがすんなりできたりします。

家の中では怒って嫌がるブラッシングも外だとほとんど気にしません(笑)

 

クンクンクンクン。

夢中で草むらのニオイを嗅いでいるときに後ろからシュッ。

 

麦:「!!!!」

 

びっくりして興奮( ;∀;)

リードを引っ張り気味にグングン歩きます…

 

びっくりして耳をピーンと立ててひきつった顔。

でも、家の中で警戒されながらスプレーするよりはいいか(*_*;

 

明日も散歩中にやってみよう!

 

しかし、次の日、散歩に連れ出すと警戒して私の方をチラチラ。

覚えてるのか…

 

草むらに連れて行ってもニオイを嗅ぎません…

ちょっとクンクンとやっては私の方をチラ。

 

歩いては私の方をチラ。

 

ちょっとでも動けばチラチラ。

 

相当警戒されています…

 

それでもお腹はまた赤くなってきているので、スキを見てシュッとスプレー。

 

すると、びっくりひきつり顔で一目散に家に帰ろうとします。

 

「はぁ…」

 

いい方法だと思ったんだけどな…。

 

散歩中にスプレーを吹きかけて以来、私が連れて行くといつシュッとされるか分からないから…

警戒してしまい、用を足しません( 一一)

だめじゃん!!(涙)

 

遊んでいるときにスキを見てスプレー

散歩中にスプレーすると警戒しておしっこをしなくなってしまったので…。

家の中で遊んでいるときにどさくさに紛れてシュッとしてみました。

 

びっくりひきつり顔でクレートに逃げ込む。

 

あんまり警戒心を持たせるのって良くないのかな。

あんまり警戒心を持たせるのって良くないのかな。

 

やっぱりだめか…

 

翌日、いきなりシュッとスプレーされたことを覚えているのか…私が近寄るとヴ~っと唸り声(涙)

完全に要注意人物になってしまいました…。

 

ふぅ…

 

ぶちゃいく(笑)

ぶちゃいく(笑)

 

慣れさせるには根気が必要なのは分かりますが、不信感や警戒心を持たれてまでやっていいものかどうか。

悩むところです。

 

先代犬達ならばひょいっと抱き上げてシュッと一吹き。

それで終わることなんですが…

 

散歩中も遊んでいるときも、一度シュッと吹きかけると次の日からは警戒するようになってしまいました。

 

 

スプレーが嫌というよりはニオイが嫌

いきなり吹きかけられるのが嫌なんだろうか…

そりゃそうだよね。

スプレーなんて犬は知らないわけだし。

しかも、薬だという認識もない。

 

スプレーのボトルを見るだけで不信感。

スプレーのボトルを見るだけで不信感。

 

シュッとされるのが怖くておびえてクレートに逃げ込んでいるんだとばかり思っていましたが、どうやら違うようです。

 

スプレーが怖いのではなく、ニオイが嫌みたいです。

 

コルタバンスはちょっと独特なニオイがします。

アルコールくさいんです。

 

どうやら麦はこのニオイが苦手なようです”(-“”-)”

 

そのため、100均で買ってきたスプレーボトルに水を入れてシュッと吹きかけても逃げません。

他にも、犬のオーラルケア用のスプレーを試してみましたが、こちらもニオイがきつくないので全く嫌がらない。

おやつを持っていれば顔に吹きかけられながらでも食べに来ます!

 

う~ん…

まずはコルタバンスのニオイに慣らすところから始めるか…

 

というか、ここまで嫌がるって麦にとってどれだけ不快なニオイなんだろうな…

 

 

皮膚病のこと最新記事