MENU

皮膚病のこと

2019.10.23
皮膚病のこと

なかなか治らない柴犬の皮膚病、無添加のドッグフードで驚くほどの改善が!

2歳から症状があらわれた麦の皮膚病。

アレルギー検査をしましたが、特にひっかかる項目がなく原因がはっきりしないまま1年半が経ちました。

薬を飲ませたりサプリメントを飲ませたり、通院しながら様子を見ていましたが、症状は悪化するばかりで一向に良くなる気配はありあませんでした。

 

柴犬の皮膚病

お腹から胸にかけて毛がスカスカに…

 

結局、柴犬は皮膚が弱い子が多いからという結論に落ち着いて、ステロイドとアポキルを飲ませながら気長に付き合うことになりました。

 

先は長い…

カサカサになった麦の肌を見るたびに落ち込む毎日。

少しでも皮膚にいい食べ物はないだろうかとネットで検索していると、ドッグフードの添加物の影響で皮膚病になる子がいるという記事を目にしました。

 

なるほど、毎日の食事が肌にもたらす影響か…

少しでも良くなればと軽い気持ちで麦にあげているドッグフードやおやつなど、全ての食べ物を無添加のものに変えてみました

 

すると、無添加生活をはじめて数カ月、驚くほどの改善が見られたんです!

赤黒く変色した皮膚はキレイなピンク色に戻り、スカスカに抜けていた胸やお腹の毛はどんどん生えてきました。

そして、舐めたり噛んだり毛を噛みちぎったりと四六時中かゆそうにしている症状も消えました。

 

昨年の冬はスカスカの夏毛仕様で過ごしましたが、今年はまだ秋なのにもっふもふです。

 

皮膚病の症状

最初はお腹がちょこっと赤くなる程度でしたがどんどん悪化していきました。

皮膚は赤黒く変色し、お腹から胸にかけては日に日に毛量が減っているように感じました。

薬でかゆみは抑えられるものの、皮膚の状態がよくなることはありませんでした。

 

柴犬の毛が抜ける

少しづつ毛がぬていきました

 

そして、気づけば後ろ足の毛も抜け落ち黒くなった皮膚が見えるようになりました。

かゆみがあるのか自分でも噛んで毛をむしってしまうので、ごっそり抜けてしまいました。

 

足の毛が抜ける柴犬

気づけば足もどんどん毛が抜けていく

 

黒く変色した皮膚はトリマーさんからもアトピー肌っぽいですねと言われていました。

 

そして、さらにしっぽ。

これは皮膚病というより自分で噛んでむしってしまったようです。

ストレスなのかかゆみなのか…

お尻も同じく舐めたり噛んだりでなかなか毛が生えてきませんでした。

 

お尻とシッポの毛が抜けた柴犬

抜けてしまったのか麦が抜いてしまったのか…シッポまで…

 

病院での診察

薬やサプリメント、獣医さんに勧められた皮膚病の子のためのドッグフードといろいろ試してきましたが、なかなか改善されませんでした。

1日2回アポキルという副作用がない薬を飲み、痒みが強そうな時はステロイドを頓服的にあげる毎日。

 

皮膚を元気にしてくれるドッグフード、ダームディフェンス

 

毎週のように通院していたので、診察代と薬代で医療費はすごいことに

 

首の毛が抜けた柴犬

今年の春は首の毛も薄くなってしまいました。

 

尻尾や足を噛んで毛をむしり取ってしまうこともあったので、先生からは「この子の場合はストレスによるものも大きいかもしれない」とも言われていましたが、結局、これといった原因はわからず、この子は皮膚が弱い体質だから上手く付き合っていくしかないということになりました。

 

困った顔の柴犬

困ったねぇ…

 

体質や性格は仕方ないかと自分に言い聞かせながらもスカスカに抜けてしまった麦の体を見て「いつか全身の毛が抜けてしまうんじゃないか…」と不安でいっぱいでした。

 

胸の毛が抜けた柴犬

去年の冬から今年の春にかけて、胸辺りはこんな感じでした。

 

昨年は真冬でも薄い夏毛仕様の毛で過ごしていたので、ブルブル震えながら散歩に行ていました…( ;∀;)

 

スプレータイプのコルタバンスと言う薬も試しました。

これは先生によって意見が違うみたいで…

いいですよと勧める先生、

犬は舐めちゃうから意味ないよと言う先生、

しかし、結局これも塗るタイプのステロイドで使い続けると皮膚が弱くなっちゃうよと言う先生がいたのでやめました。

ただ、スプレーすると痒みは抑えられていたように思います。

犬のアレルギーにスプレータイプの外用薬コルタバンス

 

無添加のドッグフードに変えてからの変化

ドッグフードやおやつなどの食べ物を無添加のものに変えて数カ月、ある日、「あれ?なんかもふもふしてる?

毎日見ているのであんまり気づかなかったのですが、よく見ると冬仕様のもふもふの毛が生えています。

体中を噛んだりお腹やお尻を舐めたりという行為もめったに見かけなくなっていました。

お腹を見ると赤黒く変色していた皮膚もピンク色に戻りつつある!

スカスカだった胸やお腹の毛も生えてきている!

 

 
毛が生えてきた柴犬

首回りも少しづつ毛が生えてきました。

 

何をやっても治らなかった皮膚病の症状がどれもこれも改善されていたんです。

換毛期も手伝って一気に冬毛仕様のもふもふ柴犬に変身しました。

 

無添加のドッグフードに変えたら毛が生えてきた柴犬

あれほど抜けていたお尻から足にかけて毛が生えてきた!

 

ドッグフードを無添加に変えることでこんなに変化があるなんて!

毎日の食べ物って大事なんですね。

 

麦の変化を見ていると、自分のお肌も毎日の食べ物で美肌になるんじゃないかと思いました。

日々の積み重ね、大切ですね(*^-^*)

 

毛が生えてきた柴犬

シャンプーに行ったらさらにもふもふに!

 

購入した無添加のドッグフード

ナチュラルドッグフード「1stDogFood」

 

お試し用もあります!

 

ナチュラルドッグフード「1stDogFood」 お試し用

 

ナチュラルドッグフード「1stDogFood」

無添加のドッグフード、楽天で購入してます。

 

ありがたいことに麦はなんでもよく食べるので(*^-^*)ドッグフードには一切こだわりがありませんでした。

しかし、無添加のドッグフードってものすごくたくさんあるんですね…

成分見てもよくわかんない!

ということで、お試しがあったコチラのドッグフードにしました。

 

鮮度へのこだわり

国内で製造されており、製造日から1か月以内のものが届きます。

1kgづつパックされているので6kgまとめて買っても安心です。

賞味期限は3ヶ月で酸化防止や品質保持などの添加物が入っているドッグフードに比べると短いです。

添加物が悪いというわけではありませんが無添加、無着色なので安心です。

 

品質と価格

無添加のドッグフードやおやつというと値段が高いイメージですが、こちらのドッグフードは買いやすい値段

麦が食べているのは6kgで6,900円

これで約2か月分です。

送料がかかるので、賞味期限がきれない期間分まとめ買いしてます。

ナチュラルドッグフード「1stDogFood」 6キロ

 

 

栄養価が高いので適量上げるとググっと体重が増えました…

そのため、今は1日80g~100gくらいあげています。

 

小粒なのであんまり噛まない麦にぴったりです!

 

小粒なので子犬から老犬まで幅広い年齢の犬が食べられると思います。

便通の良さも二重丸です!

 

 

ドッグフードの添加物について

犬の皮膚病には様々な原因がありますが、ドッグフードによく入っている着色料や防腐剤などの添加物も原因の一つ。

全く影響しない子もいるので、これが悪いわけではありません。

麦の場合はこの添加物をなくすことで皮膚の状態に大きな変化がありました。

 

犬のドッグフードにはさまざまな理由で添加物を使っています。

  • 酸化を防止
  • 着色
  • 栄養強化
  • 食感をよくする
  • 犬が好む味にする

 

ドッグフードに使用される原材料は天然素材が使われているので栄養素の量にばらつきがあります。

そのためビタミンやミネラルなどの栄養添加物を使っています。

他にも酸化防止や品質保持、犬の食欲をそそるようにするための添加物が使われています。

 

添加物に関する法規制

ドッグフードには様々な添加物が使われていますが、日本には「ペットフード安全法」という法律があります。

これは、犬や猫の健康を守ることを目的とした法律で、ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造、輸入または販売を禁止しています。

そして、消費者に対して情報を提供するために製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられます。

 

また、添加物の表示に関しても「ペットフードの表示に関する公正競争規約」によってルール化されおり、ドッグフードのパッケージには添加物の名称を表示し、⽢味料、着⾊料、保存料、増粘安定剤、酸化防⽌剤、発⾊剤に関してはその用途を併記することが義務づけられています。

 

犬の皮膚病について思うこと

すぐに治ると思っていた皮膚病ですが、何をしても改善されずいろいろと試す治療費だけがかさみました。

可愛い愛犬のためとはいえ、出口の見えない治療はツライですね。

いつまで続くんだろう…と不安で不安で…

これといった診断もされず原因もわからずでお手上げ状態だった麦ですが、無添加のドッグフードに変えることでもふもふに毛が生えてきました。

お腹やお尻、首回りなど同じ部位が抜けてしまっている子はけっこういるようですが、みんなそれぞれ原因も体質も違うので同じような改善は見られないかもしれません。

そして、今は毛がもふもふに生えてきて一安心な麦ですが、「あれ?なんか掻いてる…舐めてる…」なんて日もあります。

冬毛への換毛が上手くいったので今年は暖かく過ごせそうかなと思っていましたが、これから抜けてくることも十分考えられるんですよね。

 

 

今はドッグフードもあっているようなので、このまま続けてみようと思います。

どうか暖かい冬が過ごせますように!

皮膚病のこと最新記事