柴犬の本気噛みや問題行動に悩んでいる
飼い主のブログです

MENU

関連ワード:

それでも柴犬を飼いますか?柴犬を飼う前に知って欲しい10のこと

柴犬と暮らしたら犬のイメージが180度変わりました。

犬も人間と同じで十犬十色なのですが、柴犬にはかわいいだけでは飼えないくらい気難しく野生味が強いタイプの子がいます。

そのため、飼育放棄や殺処分がとても多い犬種です。

いいところばかり取り上げられがちですが、実は飼うのが難しい…?

SNSやブログで発信して共感が高かった柴犬を飼ってみて大変だった10のこと、まとめます。

あくまでも全ての柴犬というわけではありません。

我が家の柴犬との暮らしで体験したことなので、参考までに読んでいただけると嬉しいです。

雨でも雪でも台風でも散歩に行かなければいけない

柴犬は室内飼いの子でも家の中で用を足さなくなる子が多いです。

我が家の柴犬もパピーの頃はトイレシートで用を足していましたが、大人になったら自然と使わなくなりました。

今では絶対に家の中でしません。我慢します。

大雨でも大雪でも強風でも風邪をひいても足が痛くてもインフルエンザにかかっても…

飼い主は1日2回、散歩に連れて行かなければいけません。

雨、雪、台風など、天気が悪い時は一日中スマホで雨雲レーダーをチェック

柴犬を飼うということは、天気と戦い続けることでもあります。

ゆきー

柴犬の飼い主さんに質問です

家の中で用を足しますか?
  • 他の回答を追加する

簡単に散歩に連れ出せない

柴犬は自分の気持ちをとても大切にします

飼い主が「散歩行くよ~」と誘っても気持ちがのらないと動きません。

散歩に行くのを拒否します。

首輪やハーネスを付けようとすると逃げたり隠れたり…

我家の柴犬は寝たふりをしたりクレートに逃げ込んだり、とにかく連れ出すのに苦労します。

強制連行は好みません…

柴犬を飼うということは毎日の柴犬気持ちと戦うことでもあります。

散歩拒否をする柴犬
行きません!

柴犬の飼い主さんに質問です

散歩に連れ出すのに苦労しますか?

飼い主の帰宅には塩対応

10時間ぶりの帰宅。

見向きもしません。

「耳聞こえてますか?」

「私のこと見えてますか?」

本気で心配するほどクールに出迎えます
(出迎えというか無視ですね…)

チラ見したらいい方

立ち上がったら「わー!」といった感じです。

無神経に手を出してしゃわしゃしようものなら怒り出します…

柴犬を飼うということは帰宅後に犬を抱きしめたいという欲望と戦うことでもあります。

クールすぎる…

柴犬の飼い主さんに質問です

飼い主の帰宅に塩対応ですか?

皮膚病になりやすい

柴犬はお肌が弱い子が多いです。

アトピーやアレルギーなどで皮膚にかゆみが出ると通院が必要です。

我が家の柴犬は数年単位で病院に通い、薬を飲み続けました。

それでもなかなか改善せず、獣医さんには「一生の付き合いになることが多いです、うまく付き合っていきましょう」と言われました。

違う病院に連れて行ってみたり、食事を変えてみたり、トリミングで肌に良さそうなコースを選んだり

とてもお金がかかります。

柴犬を飼うということは皮膚病(+治療費)と付き合っていくことでもあります。

痒いと噛んだり舐めたりが止まりません

柴犬の飼い主さんに質問です

アレルギーやアトピーなどの皮膚病ありますか?

頑固で主張が激しい

柴犬はとても頑固で自己主張が激しいです。

いきたくない時は散歩に行かない

気に入らないご飯は意地でも食べない

動きたくない時は意地でも動かない

他の犬種と違い、心身ともに大人になるのでしっかり自分の意志を持ちます

折れません、笑えないほど頑固です。

うまく付き合うには飼い主の度量が求められます。

度量がないと「もー!」となります

時間がない時、発狂してます…笑

柴犬を飼うということは頑固さと戦うことでもあります。

イヤ、行きたくない

柴犬の飼い主さんに質問です

頑固で自己主張が激しいですか?

ベタベタ触られるのが好きじゃない

犬は触ってあげるとよろこぶものだと思っていましたが、柴犬は違います。

ベタベタされるのが好きではありません

長々と触られると嫌がります。

難しいのが、ちょっとだけなら触って欲しいしというところです。

さじ加減が非常に難しいです。

間違えると怒ります…

柴犬を飼うということはもっと触りたい欲求と戦うことでもあります。

これ、手を出したら血が流れます…

柴犬の飼い主さんに質問です

べたべた触られるの嫌がりますか
  • 他の回答を追加する

柴距離を守らなければいけない

ベタベタされるのが苦手な柴犬は飼い主とも一定の距離をとります

これを柴距離と言います

人間でいうソーシャルディスタンスです

「おいでー」と呼んでもあと少しの所で止まります。

柴距離です笑

柴犬を飼うということはとなりで寄り添いたい欲求と戦うことでもあります。

前後左右、シバイヌスペース

柴犬の飼い主さんに質問です

柴距離とりますか?

おもちゃや食べ物を守る

飼い主:おいしそうなおやつ買ってきたよ!

「ヴヴヴヴヴー(怒)」

飼い主:新しいおもちゃ買ってきたよ!

「ヴヴヴヴヴー(怒)」

飼い主からもらったものでも守って攻撃的になります

DNAがオオカミに近いと言われている柴犬は野性味が強く、動物が持っている本能が出ます。

時には気が狂ったのか!?というくらい激変して怒ります。

柴犬と飼うということは毎日の食事にも気を付けなければいけないということです。

ヴヴヴヴヴー

柴犬の飼い主さんに質問です

おもちゃや食べ物を守りますか?
  • 他の回答を追加する

縫うほど噛まれることがある

我家の柴犬は生後7か月ごろを境にいきなり噛むようになりました。

トレーナーさんや獣医さんに相談したところ、「柴犬は噛む子が多い」と言われました。

最初は歯が当たって傷ができる程度でしたが、次第に噛む力は強くなり大ケガのレベルになりました。

犬歯が突き刺さって何針も縫ったこともあります。

「しつければいいじゃないか」

そう思われるかもしれませんが、一度噛むようになった子の矯正はとても難しいです。

何人ものトレーナーさんや獣医さんに相談しましたが全員に言われました。

飼っている柴犬に噛まれて何針も縫うことは決して珍しいことではありません。

柴犬を飼うという子とは愛犬に噛まれる恐怖と戦うことでもあります。

この犬歯がブッ刺さるんです…

柴犬の飼い主さんに質問です

縫うほど噛まれたことありますか?
  • 他の回答を追加する

しつけが難しい

柴犬を飼っていて難しいなというところをたくさん書きましたが、きちんとしつけをすれば問題ありません

しかし、このしつけがとても難しいです。

トレーナーさんにも「柴犬のしつけは難しい」と言われました。

相談件数も多いそうです。

飼育放棄や殺処分が多いのもこのためだと思います。

たかが犬のしつけと思われるかもしれませんが、「そのうちなんとかなるだろう」と舐めてかかると大変なことになります。
(私がそうでした…)

自分でどうにもならないとプロに相談することになります。

問題行動がある犬の相談は通常よりも金額が高い場合が多いです。

毎週しつけに通ったり預託訓練にだしたり、どんどんお金が飛んでいきます。

それでも一緒に暮らすためには必要な場合があります。

柴犬を飼うということはしつけにお金がかかることでもあります。

マイペースで我が強いです

柴犬の飼い主さんに質問です

しつけが難しい犬種だと思いますか?

それでも柴犬を飼いたいですか?

子供の頃から犬と暮らしてきましたが、犬のしつけで悩んで泣いて追い詰められて…

こんなことは初めてでした。

「もう飼えないかも」

何度も思いました。

どうしても手放せない…麦を車に乗せてこのまま一緒にどこかに突っ込もうか…

そんなことを考えてしまうほどに追い詰められたこともあります。
(危険なメンタルですね…)

生まれて初めて怖いと思った犬が自分の愛犬です。

柴犬の子犬
こんなかわいい子が人に大怪我させるようになります…

「それでも柴犬を飼いたいですか?」

と聞かれれば、飼いたいです

麦さえ良ければもう1匹迎え入れたいくらい!

柴犬はそれぐらい魅力的な犬種です。

噛む柴犬と暮らしている私が、これから柴犬を飼いたいと思っている方に伝えたいのは「しつけの大切さ」です。

パピーを迎えたら、まだ小さいからと言わずにどうか徹底してください。

柴犬は可愛くて賢くて飼いたいという人が多い人気の犬種です。

それなのに飼育放棄や殺処分がとても多いです。

それはなぜなのか?

飼い主が手に負えないから手放してしまう、手放さなければいけなくなってしまうからです。

ある日突然「今日から家族だよ〜」と連れてきて人間と暮らしやすいようにしつけるんだから、柴犬のルールや気質も勉強して理解してあげなければいけません。

知っているだけで随分違います!

※あくまでも我が家の柴犬のことなので、全ての柴犬に当てはまるわけではありません。
「うちの子全然違うぞー」という方もたくさんいます。

問題ばかり書いてしまいましたが、次のブログは柴犬の魅力について書きたいと思います!

どんな咬み犬でもしあわせになれる 愛と涙の“ワル犬”再生物語
北村紋義

犬の問題行動や対処方法について教えてください

犬の本気噛みや問題行動など、みなさんどう対応されていますか?
もしよければ教えてください!

柴犬についての最新記事

RANKING

ARCHIVES

ページの先頭へTO TOP