MENU

皮膚病のこと

2018.05.20
皮膚病のこと

柴犬さんは皮膚が弱い?

「柴犬さんは皮膚が弱い子が多いからね~」

獣医さんに言われました。

 

柴犬さんって(笑)

ステキな言い方。

 

我が家の柴犬さん麦の場合は、薬を飲ませ続けたり食事やシャンプーに気を使ったりというほどの皮膚疾患は今のところありません。

しかし、おしりを気にしてなめていたり、ことあるごとに体をカミカミと噛んでいたりすることがよくあります。

 

柴犬は神経質なのでおしりを気にする子が多いそうです。

柴犬は神経質なのでおしりを気にする子が多いそうです。

 

パピーのころは耳をパタパタ振っていることが多く、外耳炎の薬を垂らしていたこともあります。

先生に相談するたびに、柴犬は皮膚疾患の子が多いからという話をされてきました。

あと、神経質な子が多いからね~というのもよく言われます。

 

だから些細なことを気にしてしまうみたいですね(-_-;)

 

周りの柴犬さんたちもなんやかんや病院に行っている子が多いので、やっぱり皮膚疾患が多い犬種ということになるのかな。

 

ついにきたか…アトピー?アレルギー?

先日、お腹がきれいに半分だけ赤くなっているのに気づき、病院に連れて行きました。

1週間抗生物質を飲ませて様子を見ましょうということで、液体タイプのお薬を朝晩のご飯の前に飲ませることになりました。

 

ウェルカムお薬!積極的に口にします!

ウェルカムお薬!積極的に口にします!

食い意地だけはすごいので…

シロップタイプもタブレットタイプも全く抵抗することなくぺろりと平らげてくれます。

なんならちょっと喜んでます。

 

神経質な子は口を付けなかったり、食べ物に混ぜたり包んだりしてもきれいにポロっと出しちゃいますよね(*_*;

 

パピーの頃からアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎にかかりやすい犬種だと先生から言われていたので、覚悟はしていましたが。

麦にもついにその症状が現れたのか…

そんな心配をしつつ薬を飲ませていましたが、1週間飲ませてみるとほぼ元通り!

よかった!

 

抗生物質が効かなければアトピーとかアレルギーかもしれませんと言われていたので一安心。

 

どうなったか様子を見せに来てくださいと言われていましたが、忙しかったこともあり、「まぁ、いっか」と病院には行きませんでした。

1回病院に行くと3位間コースなので…

 

人間も動物もおんなじで大きな病院というのは待ち時間がすごいです。

 

え…再発!?また赤くなってる…

しかし…。

数週間後、気づけば前よりもひどくなっているではないですか”(-“”-)”

 

お腹が半分だけきれいに赤く...

お腹が半分だけきれいに赤く…

慌てて病院へ!

 

先生:「皮膚の病気の場合はしつこいので、治ったように見えても完治ではないんですよ~」

 

甘く見てました…

 

皮膚のターンオーバーは2週間。

まず、2週間薬を飲ませてみて治ったらさらに1週間、最低でも3週間は必要だと言われてしまいました…

 

人間と同じですね( *´艸`)

つい最近、お化粧品を買いに行った美容カウンターでおんなじこと言われたな。

肌のターンオーバー。

 

そっか…

やっぱり言われた通りちゃんと見せに行けばよかった。

 

前回、抗生物質が効いて良くなっていたなら同じ薬でいいでしょうということで、またまた振り出し。

ごめん、麦ちゃん…

 

2週間分の抗生物質をもらって帰りました。

先生:「念のため、1週間後に見せに来てください

 

わぉ…見せるだけでも3時間コースなんだよな…

様子を見せに…

恐怖です…

 

もちろん、1週間後の通院は3時間コースでした( ;∀;)

 

結局トータル4週間分の抗生物質を飲ませて麦のお腹はやっと完治しました。

長かった…

 

通院4回、薬4週間分、かかった金額1万円ちょっと…かな( ..)φ

 

もう治ったと自分で判断せずに、獣医さんが見せに来てくださいと言ったときはきちんと見せに行くべきですね。

自分で勝手に判断して、麦に遠回りをさせてしまいました。

 

完治して良かった!

完治して良かった!

 

皮膚病の対策

ブラッシング

こまめにしてあげると皮膚の血行も良くなっていいそうです。

 

柴犬の毛はダブルコートでおおわれているので毛がかなり密集しています。

そのため、春と秋の換毛期にはごっそりと毛が抜けますが…

 

こまめにブラッシングをして取り除いてあげることが必要ですね。

 

今までも犬を飼った事がありますが、今年の春の換毛にはびっくり…

こんなにもごっそり抜けるのかと!

 

ただ、麦の場合はあまりべたべた触られたりお手入れされるのが好きではありません。

苦戦してます…

 

ちょっとづつちょっとづづファーミネーターでブラッシングをしていますが、すぐに怒り出すのでなかなかきれいに取り除けません。

小さなか頃から慣らしておくといいと言われていたのでこまめにやっていましたが、本気噛みがエスカレートしてきたくらいからあまりブラッシングができなくなってしまいました。

 

困ったちゃん麦の救世主はグルーミング手袋。

たまたまインスタの広告で流れてきたのを見て、安い類似品を試しに買ってみました。

 

ダブルコートの内側の毛は取れませんが、ぼそぼそ浮き出たけはきれいに取れます!

高いやつだともっと取れるのかな…?

 

なんやかんやで苦戦しながら、今年の夏の換毛はそろそろ終わりそうです!

 

換毛期は毛がボソボソ

換毛期は毛がボソボソ

 

シャンプー

柴犬は水が嫌いな子が多い。

もちろん麦も嫌いです…。

 

水たまりもしっかりよけてお散歩します。

 

しかし、月に1回くらいはシャンプーをということでトリミングサロンへ。

家ではシャンプーもドライヤーも嫌がって我慢できないので…

 

水嫌いシャンプー嫌いなくせになぜだか喜んで行きます( *´艸`)

 

どうやらトリマーのかわいいお姉さんたちが大好きみたいで(笑)

大興奮して入っていきます。

耳を寝せ、キュンキュンと可愛い声を出してトリマーさんに甘えます…

 

それでもドライヤーやブラッシングはガウガウ嫌がってしまうので口輪コースなんですが…

トリマーさんたちが麦が嫌がらない方法を試行錯誤してくれているみたいで(#^.^#)

今のところ楽しくシャンプーに通っています。

 

昔は月一で犬をサロンに連れて行くことになるなんて思いもしなかったな(-_-;)

 

雨の日の散歩

麦は裸族派なので…カッパを着せることができません。

そのため、雨の日は土砂降りでも濡れながら散歩に行くのですが…

帰ってきてからのタオルドライもまあまあ苦戦しています。

 

タオルを噛みながら遊びながらわちゃわちゃして乾かします。

 

とはいえ、お腹の皮膚があれているときには、獣医さんからしっかり乾かすように言われており、暑い中ドライヤーを持ち出してガーガーと乾かしていました。

 

皮膚が荒れないためには半濡れは禁物なんですね。

皮膚病のこと最新記事