柴犬の本気噛みや問題行動に悩んでいる
飼い主のブログです

MENU

関連ワード:

急にご飯を食べなくなって元気がなくなった…

いつも元気!
パワーがありあまっていて食欲旺盛。
食いしん坊な麦がぐったり。
昨日の夜からご飯を食べません。

 

何も食べない何も飲まない

 

朝からケージで吐いていたので病院へ。

熱もなく、血液検査の数値も特に問題ない。
少し胃が荒れているようなので、気持ち悪くて食べられないかもということで、注射を打ってもらい帰宅しました。

注射は数時間後に聞いてくるといわれましたが、少し時間が経ってもさらにぐったり。
ただ気持ち悪いだけでこんなにもぐったりなるのかな…?

どうしても心配になり、夕方、別の病院に連れて行きました。
朝一で行った病院は小さな病院なので、エコーなどの検査機器がないからです。

24時間対応の少し大きな病院へ

日曜日の午後6時。
少し遅い時間でしたが、病院はとっても混んでいました。

午前中も他の病院に行き、血液検査は問題なかったということを伝えて診てもうと、
「血液検査の結果が問題ないのにこんなにもぐったりしてるということは、何かあると思います。」
と先生。

診察台に上がった麦はぐったりしすぎて全く動きません。
エコーとレントゲン、そしてもう一度採血をしてもらうことになりました。

待合室で待っている間、麦の声がとどろく…(笑)

数分後、検査結果を見せてもらうと、
血液検査の結果、炎症の数値が通常値の19倍。
エコーの写真にはぶよぶよに伸びた腸が映っていると言われました。

「腸に何かが詰まっているか、炎症しているかのどちらかだと思います。」

え…?

麦は小さい頃から何でもかんでも食べようとする子。
気をつけてはいたけど、今までも変なものを食べて病院で吐かせてもらったことが何度かありました。
何か詰まっていたら手術で取り出さなくてはいけません。

どうしよう…

とりあえず何も食べられないのでそのまま入院。
「明日も様子が変らなかったらバリウム検査をしてみましょう。」

ぐったりした麦を残して帰宅しました。
心配でたまらない…
何かあったらどうしよう…
手術なんてことになったらどうしよう…

次の日、ちょっとづつご飯を食べられるようになったので、詰まっているのではなく炎症ということでしてしばらく入院。

 

しかし、先生には脅威の回復力と言われ3日で退院できました。

ホントに良かった…(涙)

獣医さんの設備も色々

最初に行った病院では「血液検査の結果は問題ないので様子を見ましょう。」
と言われました。

次に行った病院では「血液検査の結果に問題がないのにぐったりしているのは何か原因があります。すぐ検査をしましょう。」
と言われました。

どちらの先生もちゃんと診てくれました。

でも、飼い主としては何が原因かわからないまま様子を見るのは気が気じゃありません…
何かあったらどうしよう…
もしものことがあったらどうしよう…

ぐったりしている麦を見て、原因が分からない時はとにかく不安でした。

「腸に何か詰まっているか炎症しているかどちらかだと思います。」
という診断をしてもらってからは心配は続きますが、原因がわかって少し安心しました。

犬がぐったりする時ってよっぽどなんですよね。
症状が言葉で伝えられないからこそ、獣医さんという専門家に経験や知識から対応をしてもらう。
今回の炎症がどれくらい緊急を要する症状だったのかは分かりません。
結果として必要ない検査が犬への負担になってしまうこともあるかもしれません。
でも、やはり診断するための検査って重要ですよね。

獣医さんの規模なんて関係ないと思っていました。
むしろ、小さい病院の方が良心的に診てもらえるんじゃないかとか…
(そんなことないですよね…どの獣医さんも一生懸命診察してくれます。)

ただ、設備の違いはあるなと実感したできごとでした。
だってどんなに良い先生でも検査機器など、色んな設備が整っていなければ、いざという時に対処できないですもんね。

結局、今回、麦がぐったりしていた理由は腸の炎症。
紙やら糸くずやらいろんな物を食べてしまうので、そういった食べてはいけないものが原因で炎症したんじゃないかということでした。

 

今回かかった医療費

1回目に行った病院

  • 再診料・・・600円
  • 血液検査(11項目)・・・8,000円
  • 皮下注射・・・2,000円
  • 処方・調剤料・・・300円
  • 消化管機能改善薬・・・640円

合計11,540円

保険に入っているので、3割負担の3,738円の支払い。

2回目に行った病院

  • 再診料・・・864円
  • 入院(7kgまで)・・・4,320円
  • 血管確保・・・1,080円
  • 静脈点滴・・・(20kgまで)・・・4,320円
  • 採血料・・・540円
  • 生化学検査1項目・・・540円
  • 超音波断層検査・・・サービスにより無料
  • X線検査(1方向1枚)・・・1,620円

合計20,844円

保険に入っているので、これの3割負担です。
入院は1日5,400円でした。
点滴をしたり検査をしたりと色々かかったので、3日で39,870円。
こちらも保険の適用で3割負担の13,863円の支払い。

その後、経過観察で病院に行ったりもしたので、今回の麦の体調不良による医療費は7万円ちょっと…
保険に入っていて本当によかったです。

犬の保険、入るか否か、難しい問題ですが、問題行動がある麦には欠かせないみたいです…

麦の日記の最新記事

RANKING

ARCHIVES

ページの先頭へTO TOP