柴犬の本気噛みや問題行動に悩んでいる
飼い主のブログです

MENU

関連ワード:

ブッチのトライアルセットで乗車拒否に手打ち

昨年末、車を変えたところ、乗るのを嫌がるようになってしまった我が家の柴犬

(それまでは車大好きでした)

毎日近くの公園に連れて行ってはあの手この手で乗せようと試みましたが、完全拒否。

ドッグフード、ジャーキー、クッキー、大好きな歯磨きガム

おやつやごはんで釣ろうとしても全く効きません。

食いしん坊なのに…どうした!?

そんな時、乗車拒否とは関係なく、気になっていたブッチのお試しセットを買いました。

ものすごい食いつきようだったので「これなら乗るかも」と試したところ、見事に乗車!

ブッチのトライアルセットレビュー
インスタで見てて1回買ってみたかったんだよね

車に近づくだけで憂鬱な顔になっていたのが嘘のよう、るんるんで車まで行くようになりました。

やっぱり食いしん坊!

ブッチのおかげで乗車拒否に手打ちです。笑

ブッチとは

ブッチとは、ニュージーランド産の最高等級の原材料だけを使っているウェットタイプのドッグフードです。

生肉と同じ栄養成分と水分を含んでおり、食感も生肉に近いのが特徴です。

人間が食べることのできる品質のドッグフードで添加物を一切使用していません。

ブッチ ブラックレーベル800g
800g、持つとずしっと大きい
ブッチ ドッグフード

ブッチのトライアルセット

トライアルセットはブラックレーベル、ホワイトレーベル、ブルーレーベルの3種類のブッチがセットになったお試しセットです。

価格は3,000円

消費税込み、送料込みです。

普通に買うと3本で4,455円なので1,455円お得に購入ができます

そして、通常は購入しなければいけない保存用のフレッシュキャップがおまけでついてきます。

ブッチのトライアルセット
上からブラックレーベル・ホワイトレーベル・ブルーレーベル

ブラック・レーベル ニュージーランド産ビーフ、ラム、チキン
ホワイト・レーベル 8割がチキン
消化器系や皮膚が敏感で、赤身肉が苦手な愛犬のために
ブルー・レーベル ニュージーランド産チキン、フィッシュ

トライアルセット3,000円

ブッチ ドッグフード

初ブッチに大興奮

初めてのブッチ、いつもはドライフードしかあげていないのでウェットフードは体調不良の時の療養食か試供品しか食べたことがありません。

麦、興味津々です。

ブッチのニオイを嗅ぐ柴犬
クンクン

真空パックごと包丁でザクっと切った瞬間「ん?あれ?」とニオイを感じて大興奮

タタタタターっとキッチンまで走ってきました。

もちろん危険なので飼い主の手前にはガード用のネットを立ててあります。

ブッチに興奮する柴犬
早くくれ!早くくれ!

断面はソーセジみたい

水分量が高いと書いてあったのが納得のプルプル具合です。

ブッチの切り口

麦はほとんど噛まないので小さめにカット

いきなりたくさんあげるとお腹を壊す子もいるようなので最初は少なめにしました。

器に入ったブッチ

タイルマットがずれずれになってしまうほど走り回って催促

大興奮です。

こんなに喜んでもらえるなんて嬉しい!

ブッチに喜ぶ柴犬
ひゃは!

フードアグレッシブを心配しましたが、怒るというよりはとにかく食べたい一心で超従順でした。

「お座り」

麦:ピシ!

「ふせ」

麦:ピシ!

機敏に動きます。

あまりにも食いつきがいいのでこれなら釣られて車にも乗るかも!と賄賂に決定!

ブッチを食べる柴犬
目が怖い!!

器に少しブッチを入れてサザエさん状態でおいでおいでと車に誘導、乗りたくない気持ちよりもブッチを食べたい気持ちが勝ったようで、みごと乗車しました。

ブッチのトライアルセットで乗車拒否に手打ちです。

やったー!

送料無料!1,455円お得!

ブッチ ドッグフード

ブッチのメリットとデメリット

犬にとってはメリットだらけ、デメリットは飼い主の手間です。

(私個人の感想です)

ブッチのメリット

全体の約80%が肉類

犬はもともと肉食なので肉主体の食事は消化吸収に良いそうです。

安全性が高い

原材料は環境規制や検疫体制が世界一厳しいといわれているニュージーランド産なので安心です。

人が食べてもOKなのもいい。

人工添加物不使用

色味を綺麗に見せるための合成色素を使ってません。

皮膚病がひどくなったときに、食べ物の添加物がよくないという記事を読んでから、なるべく無添加のものを食べさせるようにしています。

グルテンフリー

ブッチは徹底的に無添加にこだわっているのが最大の特徴です。

グルテンフリーでアレルゲンとなりうる砂糖・小麦・グルテン・イースト・人口調味料・香料・エトキシキン・プロピレン・グリコールなどの成分は一切含んでいません。

水分量が多い

水分量が70%以上なので、普段あまり水を飲まないワンちゃんは水分補給としても摂取できます。

我が家の柴犬にピッタリ!飲まない時はホント飲まないので…

犬の食いつきが良い

肉の風味を損なわない低温調理で作られているため、食いつきが良いようです。

我が家の柴犬はなんでもよく食べますが、ブッチへの食いつきの良さは別格でした。

低カロリー

栄養素が高いフードだと、ホントに量が少なくなるんだよね…こんだけ?ってなることありませんか?

ブッチは低カロリーなのでたくさんあげられます。

10kgの麦には466g

お試し用は1本800gなので約半分です。

食べ応え抜群!

ブッチのデメリット

長期保存ができない

ブッチは長期保存ができません

一度開封したら10日以内に食べないといけません。

(未開封だと約9ヶ月です。)

食べ切れない場合は冷凍保存がおすすめです

冷凍保存だと6ヶ月ほど品質が保たれます。

ブッチは温めて食べてもいいようなので、冬の寒い時期やお腹が弱い子にも安心です。

ブッチは温めてもOK

値段が高い

800g ¥1,430(税込)

2kg ¥2,860(税込)

定期購入だと10%安くなりますが、メインのフードとしてあげるにはちょっとお高め。

手間がかかる

私にとって1番のデメリットは切ったり保存したりがめんどくさいことです。

ソーセージタイプって切るのも保存するのもちょっと手間ですね。

ニオイがきつい

ネットのレビューではニオイがきついと書いてありましたが、普通のウェットフードと同じくらいだと思います。

ただ、準備しているとドライフードの比じゃないくらい麦はソワソワします。

犬にとっておいしそうなニオイがするのは間違いないです。

食べたあとの健康状態にてついて

メインのフードとしてあげたわけではないのですが、ドライフードと併せて3週間ほど食べさせていました。

健康状態良好、お肌の調子良好、毛並み良好、便通良好

いつものフードと変わりなく健康状態も良かったです。

ブッチがあると喜ぶので麦の心の状態も良好です!

専用キャップについて

保存用の専用キャップ

普通に買うと200円のようですが、トライアルセットだとおまけで付いてきます

切り口にキャップで蓋をすればラップなどは必要ないという優れもの。

このキャップがブッチのピッタリサイズでしっかり蓋ができると思っていたのですが、つけてみるとブッチよりも一回り大きい。

ブッチの保存用キャップ

え?これサイズ間違ってない?と思いましたが、どうやらこれであってるみたいです。

切った断面にピッタリくっ付けて保存をするみたいですが、これだけで冷蔵庫に入れるのは不安なので結局使っていません。

ニオイが充満したら困る。

ということで、ラップでぐるぐる、ビニール袋に入れてさらにジップロックでピッタリ真空にして冷蔵庫保管しています。

ブッチのリピートは?

麦がものすごく喜ぶのでリピートしたいです!

ただ、お高いので…定期購入してフードのメインにするのはちょっと…

たまにあげるスペシャルフードとしてまたリピートしたいと思います。

気になる方はトライアルセットがおすすめです。

定期購入を促されることもないし、変なメールも来ませんでした(笑)

送料無料!1,455円お得!

ブッチ ドッグフード

とりあえず昨年から苦労していた麦の乗車拒否が改善できたので、3,000円のトライアルセットは私にとってお値段以上の価値がありました。

これでお出かけできそうです!

車に乗った柴犬
下の歯見えてる(笑)

麦はちょっとした環境の変化に順応できないことがよくあります。

ホント繊細…

車にも頑なに乗りませんでした。

ほんと苦労しました。

もう一生乗らないんじゃないかと思うくらいでした。

でも1回クリアしてしまえばどうってことないんだよね

一歩踏み出す方法を考えてあげれば良いだけです。

ペット用品の最新記事

RANKING

ARCHIVES

ページの先頭へTO TOP