MENU

ペット用品

2021.03.20
ペット用品

のんびり系柴犬 ロングリードの使い方

本気噛みがある我が家の柴犬、自由に走らせるにはドッグランよりも断然ロングリード派です。

といってもロングリードを使ったところでほとんど走りません…

広い公園でまったりのんびりクンクン活動です。

 

ロングリードをつけて自由に過ごす時間は麦の気持ちをとても穏やかにしてくれます。

公園でのまったり時間はトレーナーさんにもおすすめされました。

 

公園でまったり

木のおもちゃを持ってのんびり

 

リードの付け外しもすんなりできるし家の中では殺気立って守っていた木のおもちゃも外で渡すと守りません。

こんな風におだやかな麦を見ていると噛み犬であることを忘れてしまいます

案外走らなくても案外ストレス解消になっているのかもしれません。

 

ロングリードとは

ロングリードとは広い場所で、愛犬が自由に走り回るための長いリードです。

 

お散歩には必須アイテムのリードですが、普通のお散歩リードは1〜2m。

犬を走らせるには短すぎます。

もっと自由に走り回らせてあげたい

そんな飼い主の思いを叶えてくれるのがロングリードです。

5m〜20mを超えるものまでるので用途や犬の大きさによって選べます。

 

さらに、呼び戻しの練習、愛犬の迷子対策、周りへの安全確保など、ただ走らせるだけではなく色々な場面で役立ちます。

人が来たらササっとリードを手繰り寄せれば公園で犬を走らせていても迷惑になりません。

 

コスパ最強!ペティオのロングリード

我が家の柴犬が使っているのはペティオのロングリード(10m)です。

なぜこれを買ったのかというと安いからです(笑)

高い方が丈夫でいいんじゃないか?

10mじゃ短いんじゃないか?

買う前は色々悩みましたが、安かったのでとりあえず購入。

犬用アイテムって種類がありすぎて選ぶだけで疲れてしまいます(><)

 

届いた時の感想は「ペラペラ…」

安いもんね、仕方ないよね。

ボロボロになったらもうちょっといいやつ買ってみようかな。

でした。

 

あれから4年、我が家の柴犬のロングリードはとてもキレイな状態です(笑)

あんまり走らないのでこれで十分でした…( ´艸`)

 

長さも10mでちょうどいいです。

5mだと公園で走らせるにはちょっと短い。

20mだと長すぎて制御不能になりそう。

 

ということで、ペティオのロングリードはロングリード初心者さんにオススメです。

 

ただ、先日インスタにロングリードの動画をアップしたところ、たくさん走るワンちゃんの飼い主さんから「同じの使ってます。うちは3本買い換えました」というコメントをいただきました。

私は「見た目より丈夫なんだな~」と思っていましたが、やはりよく走る子だと擦り切れてしまうようです。

 

 

 

 

ペティオのロングリードはこんなところがオススメ

まずは安い!

1,000円ちょっとなので、買いやすいです。

そして赤色なので芝生の上でも砂の上でも紐が見えやすいです。

さらに私が一番いいと思うポイントはとにかく軽くてコンパクトにまとまること。

近所の公園に行く時はお散歩バッグにねじ込んで持っていきます。

 

我が家の柴犬は近所の公園で使うことが多いので、ちょっと走らせようかな~くらいの軽い気持ちでササっとお散歩バッグに入れて持って行けるのがいいんです。

 

使いにくいと感じた点

きしめんのような薄くて平たいリードなのでとにかく絡まりやすいです。

飼い主が雑に収納しているからかもしれませんが…

我が家の柴犬にとって「ロングリード=自由」なのでお散歩バッグから取り出すと目がキラキラ!

それなのにいざ走らせようとすると絡まって大変なことに。

きれいに巻いておけばそんなこともないと思うんですが、ぐちゃぐちゃのロングリードをほどくのが結構大変です。

 

そして、走り回ったり歩き回ったり、ぐるぐるしていると結び目ができてしまいます…

 

ビビリ犬とドッグラン

本気噛みが深刻化する前、一度だけドッグランに連れて行ったことがあります。

初めてだったこともあり、麦は他の犬たちに追いかけられるのにビビってしまいひたすら逃げ回っていました。

しまいにはスミの方で座り込んで震えていました…

全然楽しそうじゃない

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

麦(@xxmugidesuxx)がシェアした投稿

 

それからすぐに本気噛みでワタワタする日々がはじまりドッグランどころではなくなってしまいました。

そのため、麦がドッグランに行ったのはこの一度だけです。

 

飼い主的には自由に走らせてあげたいという思いがありトレーナーさんに相談したことがあります。

 

「麦くんはそれを望んでますか?」

 

みんながみんな広いところで走り回るのが楽しいわけではないんですよと怒られてしまいました…

ビビってないで遊んでこい!というスパルタ的なのがプラスになるこもいるけれど、麦のようなビビリ犬で繊細なタイプはそれが極度のストレスになる事もあるようです。

ロングリードを買って遊ばせてあげればいいじゃないですか。それで十分幸せでしょ?」

そう言われました。

 

ごもっとも!

 

ドッグランに行きたいのは飼い主だったのかもしれません(笑)

 

麦は勢いがある子が苦手です。

散歩中も自分よりも小さな小型犬にグイグイ来られて怖がります…

そんな子がたくさんの犬たちに囲まれて楽しめるのか?

そして恐怖のあまり口が出てしまいガブリといってしまったら…

 

ということで初めて行ったドッグラン以降は一度も連れて行っていません。

公園に連れて行ってロングリードで自由時間を作ってます。

 

ロングリード 柴犬

キラキラ笑顔!

 

案外楽しそう!自由気ままに過ごしてます(^-^)

 

麦流ロングリードの使い方

広い場所でロングリードを付けて自由になってもほとんど走らない我が家の柴犬ですが、最初だけは目をキラキラさせてダッシュします。

ただ、これが最初だけ…

最初の2〜3回。

ひどい時は1回。^_^;

 

ロングリード

2〜3回はボール遊びします

 

そしてダッシュしてもなかなかボールを持ってこない…

 

柴犬 ロングリードの使い方

麦〜持ってきて〜

 

家の中だと無限にボール遊びに付き合わされるのに、不思議です。

自分で投げたボールを自分で取りに行く、飼い主の定番になってしまいました。

 

あとはのんびりまったり、芝生でゴロゴロしたりウロウロしたり。

 

ロングリードの使い方

芝生でのんびりゴロゴロ

 

家の中ではほとんど動かず、ロングリードを付けて外でもゴロゴロ、それでも走る時はものすごいダッシュをします。

普段あれだけゴロゴロしてるのによく走れるな…

犬の身体能力恐るべし!

 

ペット用品最新記事