柴犬の本気噛みや問題行動に悩んでいる
飼い主のブログです

MENU

関連ワード:

メロンは食べるのにスイカは食べない…犬の味覚って発達するの!?

去年までシャクシャク美味しそうに食べていたスイカ。

あれ?今年は食べないの?

きゅうりは?

食べない

キャベツは?

食べない

メロンは?

食べる!

(もっとくれ状態)

え…これ…グルメになってる!?

ガムを食べる柴犬
昔はなんでも食べて他のにー涙

パピーの頃からとにかく食い意地が張っていてなんでも食べる子だったのですが、この1年でお肉やらフルーツやらいろんなものをあげるようになったからなのか、味が薄いものを「ペッ」と出すようになってしまいました

犬の味覚も人間のように発達していくのでしょうか。

アンケートです

何が好きか教えていただけると嬉しいです!

何系の食べ物が好きですか?
  • 他の回答を追加する

犬の味覚は人間の5分の1?

犬が感じられる味覚は甘味」「酸味」「苦味」「塩味」「旨味」の5種類で人間と同じです。

しかし、感じられる味覚は人間の5分の1

犬の「美味しい」に一番影響を与えているのは匂いです。

次に食感・温度・舌触り。

なるほど

ドッグフードが匂いきつめでカリカリした食感になっているのはこのためでしょうか。

我が家の柴犬もカリカリ食感大好きです。

甘味

犬が一番感じやすくて好むのが甘味

野菜や果物の自然な甘味が大好きです。

しかし、人工甘味料になると苦味が含まれるので嫌がる子が多いそうです。

酸味

野生で生きていた犬は腐肉食者。

食べきれいない獲物を土の中に隠して後から食べるという習慣があったので、腐っているものに抵抗がありません。

そのため、酸味が得意なようです。

トマトを食べる柴犬
ミニトマトもパクリ

我が家の柴犬はお酢のニオイは嫌がりますが、野菜や果物などの自然な酸味はOKです。

苦味

哺乳類は苦味を毒として判断するので苦い食べ物は好みません

そのため、しつけ用の噛み防止スプレーには苦味成分が入っているようです。

塩味

犬は塩味を一番感じにくい上にしょっぱいものを好みません

手作りフードは味付けをしないのが正解なんだとか。

食材そのものの塩分や糖分で十分、栄養バランス重視がベスト!

旨味

昔は犬は旨味を感じないと言われていたようですが、近年の研究では旨味を感じているということがわかってきました。

旨味とは、アミノ酸のことで野菜、魚介、肉類、乳製品など多くの食材に含まれている成分です。

犬の味覚は変化しないのに贅沢になってる…

パピーの頃はキャベツで大喜びしていましたが、成長するにつれてパンやお米、お肉などをあげるようになると、野菜にはあまり興味を示さないようになってしまいました。

昔はキャベツがあれば大嫌いなブラッシングもさせてくれていたのですが今では従順効果ゼロです。

一旦口に入れても「プッ」と出してしまいます

柴犬のブラッシング
必死でキャベツを食べてます(生後8ヶ月ごろ)

3歳頃まではあまり色んなものをあげていなかったのでなんでも食べていたのですが、最近は選り好みが激しいです。

スイカよりメロン(甘み?)

スーパーで買ったパンよりパン屋さんの焼き立てパン(バターの香り?)

ミルクよりヨーグルト

乾燥ジャーキーよりも茹でたささみ

を好みます。

飼い主的にはどんどんグルメになっていってるように感じていましたが、犬が感じやすくて好きな「甘み」食べ物を選ぶ基準である「匂い」が強いものを好んでいるだけなんでしょうか…

甘みも匂いも食感も感じないレタスは口にこそ入れるけど嫌そうな顔します。

犬の味覚について
綿とかティッシュとか食べるくせに!

人間は大人になると味覚が変わって色々なものが食べられるようになりますが、犬の味覚は変化しないと言われています。

それでも選り好みするのは、これを食べなければもっといいものが出てくると言う学習能力なんだとか。

我が家の柴犬はどうやら学習してしまったようです…

きゅうりを食べずに守っていたら、飼い主が「ほらほら、パンだよ〜」と持ってきます。

きゅうりを渡せば食パンをもらえる。

パンを出しても首輪をつけさせない時は「ほらほら、ささみだよ〜」と飼い主が茹でたささみを持ってくる。

首輪を付けさせればささみがもらえる。

飼い主の行動、完全に読まれてます

犬の選り好みは贅沢ではなく「好き」なだけ

犬は味覚が変わって贅沢になっていくということはないようですが「好き」「そこそこ」「あんまり好きじゃない」「嫌い」と言う好みの順番がはっきりあるようです。

食べ物を選り好みするのは「なんだかな〜」と思いますが、なんでも食べていたパピー時代に比べて「好き」「嫌い」がはっきりしてからは拾い食いがかなり減りました

犬の好き嫌い
パクパク

昔は石鹸、ウェットティッシュ、乾燥剤、プラスチックなど、落ちているものはなんでも口に入れてゴクリと飲み込んでいましたが、今は一旦口に入れても出すようになりました。

小さいものだとそのまま飲み込んでしまいますが…

誤飲で何度も病院に駆け込んでいた時のことを思えば食べ物の好き嫌いなんて大したことないです!

贅沢でもわがままでもなく「好き」なものを食べたいというストレートな欲求なんだと思います。

麦の日記の最新記事

RANKING

ARCHIVES

ページの先頭へTO TOP