柴犬の本気噛みや問題行動に悩んでいる
飼い主のブログです

MENU

関連ワード:

相変わらず気難しい柴犬…年末に問題発生!

2021年最後の日は朝から雪でした。

相変わらず気難しさ全開の我が家の柴犬。

年末に大問題発生です!

 

雪の中の柴犬

いっぱい降ってきた〜

 

が、その前に。

ブログを読んでくださったみなさま、アンケートに答えてくださったみなさま、そして情報提供をしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

前向きになったり後ろ向きになったり、日々麦と向き合う中で同じようなお悩みを抱えた飼い主様達との繋がりに救われた1年でした。

 

今年は久しぶりに麦にガブリと噛まれてしまい、随分落ち込みました。

今でも噛まれた跡が消えません。

思ったよりも深かったのかな…

なぜ噛まれたのか?

食べ物を持っていた

麦の近くを通り過ぎた

理由はあると思いますが、やはり飼い主の油断、その一言に尽きます

 

かわいい柴犬

ぼくのせいじゃないよー

 

年末に「Wan 柴犬と過ごす日本の冬」という雑誌を買いました。

いつもは柴犬が表紙の雑誌は本屋さんに行けば手に取ってしまうけど、パラパラと立ち読みして終わり(笑)

お手入れの仕方やスキンシップの仕方が載っていても我が家の柴犬は雑誌の通りにはできないし…

他のお家の柴ちゃんの暮らしが載っていると「いいな…」と羨ましくなってしまうし…

かわいい服が載っていても着せられないし…

で終わるのですが、今回の雑誌は「柴オーナーさんのための大人マナー25」という記事に惹かれて購入してしまいました。

 

Wan 2022年1月号
柴犬と過ごす日本の冬

 

Wan 柴犬と暮らす日本の冬

 

柴犬との快適な大人の関係を築くためのポイントが書かれていました。

短くて簡単な文章なのですが、分かりやすくて「あるある」「確かに」と思わされるような内容ばかりでした。

 

犬は人に従って当然ではござらぬ

「柴オーナーさんのための大人マナー25」には

犬は人の家来ではないので飼い主に従うのが当然ではありません

人間社会のルールを教え、犬が納得して従える演出をするのが飼い主さんの役目です。

とありました。

 

Wan 柴犬と暮らす日本の冬

イラストも可愛いです!

 

本当は人間とは違う暮らし方をする動物。

人間の都合で一緒に暮らしてるんだから、ちゃんと人間のルールを教えてあげなければいけませんね。

麦は人間の都合で生まれてから早い段階で親兄弟と引き離されてしまいました。

噛んではいけない、力加減が必要、ということを学ばずに我が家にやってきて甘やかされて甘やかされてパピー期を過ごしました。

 

本能で動いてしまう時もあるような気はしますが、飼い主が麦のわかる方法で教えてあげることが必要なんだと改めて思いました。

 

この雑誌には他にも柴オーナーとしての心得がたくさん書かれています。

お散歩は好きだが強制連行は好かぬ」とか(笑)

ほんとその通り。

強制連行しなければご機嫌に行けるんですよね。

 

Wan 2022年1月号
柴犬と過ごす日本の冬

 

散歩を請求する柴犬

リード咥えてスタンバイ

 

気難しい柴犬との暮らしは飼い主がいかにうまくやれるかで随分変わってきます。

2022年はもっと頑張ろうと思います。

 

そんな私に早速試練!

年末に車を買い替えたらものすごい警戒して乗らなくなってしまいました…

(近寄るのも嫌がる)

これが大問題!

 

新しい車への乗車拒否

なぜ!?

家から出かける時は玄関から抱っこして強制的に乗せてしまえば乗るのですが、一度降ろしたら最後、とにかく乗りません

 

抱っこして乗せようとすると手を出されまいと体制を変える、怒り出す。

引っ張って乗せようとすると首輪が取れそうなくらい踏ん張って嫌がる。

おやつでも寄ってこない。

(絶大な力を発揮するおやつがこんなに無力になるなんて( ̄ー ̄ ))

助手席も嫌、後部座席も嫌、トランクも嫌

とにかく拒否、拒否、拒否

 

もしやここから3時間以上歩いて帰ることになるのか!?

と本当に焦りました。

(お墓で…)

 

噛むという問題行動はありますが、それ以外のことは意外とすんなり言うことを聞くので、車に乗らないなんて今まで一度もありませんでした。

少しくらい嫌がってもちょっと引っ張れば自分でジャンプしてたのに。

 

ひっぱったり呼び込んだりとあの手この手を試しましたが、とにかく乗らない。

無理矢理は無理だな…

と言うことで、せめて車に寄ってくるようにと後部座席のドアの所に座り、「お座り」や「お手」をさせていつものようにおやつをあげました。

しばらくは指示を出してできたら褒めるの繰り返し。

 

少しづつ寄ってきて車のニオイをくんくんしたり周りをウロウロしたりするようになりました。

(いいぞいいぞー)

そのまま車の中におやつを置いて「待て」や「よし」で食べさせていると少しづつ警戒心が溶けてきました。

 

それでも車には乗りません。

このままでは永遠に帰れない(涙)

 

近寄ってきて前足を車にかけたので「今だ!!」とクイっと引っ張って強引に乗車

長かったー…

 

車に乗った柴犬

シュンとしてる…

 

はい、ここまでで格闘すること40分

飼い主、必死すぎて汗だくでした。

 

キムズカシバ、年末に大きな課題を突きつけてきました。

来年から病院とかトリミングとかどうすんのよ!?

(無理矢理乗せたらガブリだよね…)

 

少しづつ慣らすしかないのかな。

飼い主の力量…来年も頑張りたいと思います。

 

可愛い柴犬

良いお年を〜

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

今年1年お世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

みなさま良いお年をお迎えください(^ ^)

 

Wan 2022年1月号
柴犬と過ごす日本の冬

 

麦の日記の最新記事

RANKING

ARCHIVES

ページの先頭へTO TOP